重要なお知らせエリアを非表示

2020/04/03 22:45

日常のふとした瞬間。
一筋の光の線がこれを貫いていて はっとして思わず其方にカメラを向けた。 


この工程から既に数か月も時が経過していて 未だに一歩も動けずワークデスクの上に居る。
この先どうなるのかわからない中 ふっと一瞬目覚めたような気がして そちらに視線が奪われた。


いつか動き出す瞬間を
静かに見守っているような気持ちでいました。
けれど
本当は作者が辿り着くのを只管待っていたのかもしれないなと。


これが今の状況とどこか重なる気がして記しています。 
人類は今 この惨事に そしてこの先の未来にどう参加してゆくのか 問われていると想うからです。
きっと気づいる方は沢山いて 私も心では本当は気づいていて でもそれはとても大きな意識の変革と 今まで抱いたことのないような精神的な力を要する事なのかもしれないなと。
そんな中 このBlogを書きながら ある人のコトバを思い出しました。


「目の前にある、手の届くものから、掴みなさい」
「そうすれば、遠くのものも掴めるようになるから」


これから人類が この世界と共存してゆくためには。
「私」がこの世界と共存してゆく為には。
そんなことを想いました。


とても抽象的ですが 大切な事だと想うから その方法を少しづつ見出してゆきたいです。