2020/02/05 07:00



本日快晴。東京はとても気持ちの良い朝です。
昨日 自宅マンションを覆う工事用の黒い遮光ネットが外されて 足場が解体されました。
空が明るく 広い立春。
部屋が太陽の透明な光の粒子で満たされています✨

💠  💠  💠  💠  💠

昨年夏からのマンションの外壁工事が
あと数日で完了なのです。
黒い遮光ネットの僅かな遮りが
こんなにも心理に作用するものなのかと。
そして光と陰に対する無意識の働きを
生活の中で今まで以上に体感した期間でもありました。
その働きは 多くの草木もよく表しています。
光を求める姿とその陰の姿と。


暗転したこの半年間は 陰陽☯でいう「陰」にあたったのでしょう。
丁度太陽の動きとも重なっていた為
私に限らず この時期「陰」を体感された方も多いのでは・・


今期は自宅環境から始まり
「陰」から立ち上がってくる
顕在化した様々な意識や自我と向き合う
長い冬のような時間でした。


陰陽☯とは 互いに反対でありながら補い合う関係であり
「私」と「あなた(≒世界)」との関係性とも言えます。
決して入り混じる事がなく 両者の間には常に断絶(溝)がある。

私は時々
「世界の溝に落っこちた」
なんて自分で言うことがあるけれど
その溝から真の生を立ちあげるのも
「陰」の力だと思うのです。


陰の力とは 個人レベルでは
「自我を越えてゆく力」でもあり
それを越えた先に立ち上がってくるものは
生まれ変わった新しい自分。真の生。
「本当の自分を生きる力」や「進化する力」を引き出してくれるのが「陰の働き」ではないかと思うのです。
また 対向(「陽」「あなた≒世界」「光」・・)を立ち上げてくれる(或いは観想する)のも「陰の働き」なのでしょうね。
陰陽が表裏一体であること。
それがエネルギーの流れや創造を生み出すこと。
より納得ができました..


この時期
ちょっとしんどかった方も多いと思うのですが
身近な未来にとってきっとネガティブではなくて
春をじっと待つ草木の様に 必要な期間だったのかもしれません。



立春と共にあけた空。
春はもうすぐ。
光が純粋に嬉しいです。


余談ですが…
黒ネットの「遮り」=「サ」をカタカムナの思念で辿ってみました。
「遮り」=「サ」は「エネルギーを生み創造する力」とあります。
「遮り」が☯️の「陰」と「陽」や「私」と「あなた(≒世界)」の間にある「溝」と解釈すると とても腑に落ちるものがあります。