2020/09/13 18:10




【百日紅の花】のネックレスが完成しました。

<画像クリックで作品ページへ遷移>


サルスベリ/
百日紅(ひゃくじつこう)



朗らかで華やかで
気丈で
そして孤高。

(これはあくまでも私のイメージです..💧)



この夏は 何故か百日紅の花がずっと心に響いていて 通りで出逢える度にあたたかい気持ちに。それが制作というかたちで花との約束へ変わった時には 石も木も手元に揃い あの花に見守られるようにしてカタチになりました。



家と工房の往復の中 あのピンクの花を目にする度に「大丈夫。まだ咲いている」とホッとしたものです。
月明かりの下では更に孤高感が増し 思わずあの花房に触れてみると それは繊細とは全く異なり 大型動物の頭でも撫でているような妙な存在感に 軽い衝撃を受けたり(笑)。


遠くから眺める自然はなんとも美しいものですが 目の前の自然には 個の本質的なものと 抗えない自然の摂理が共に流れていて ありのままの姿は 胸に強く響くものがあります。

近所の緑地公園では 一本の百日紅の樹の元で 子供たちが無邪気に鬼ごっこをし 
そのすぐ傍では 花にカメラを向ける通りすがりの者がいて(私)
犬を連れた老人が 何事もなく通り過ぎてゆく。

一つ一つは独立した存在でも 空気の様に溶け合い 漂い 呼応し 命を繋ぎ この世界に寄り添う樹々や花々。
凡てを包み込むように ただそっと在り続けるものたち。

花は寄り添う
花に寄り添う

わたしたちは 生命を帯びた幾つもの色彩の中を生き
その幾つもの輝きを胸に また 夢や希望を抱くのでしょうね。
世界は 生命/本質を中心に 見えない糸で繋がる曼荼羅のようです。


炎天に 柔らかな彩りを添えてくれた花期も そろそろ終盤を迎えるもよう。

皆様は どんな夏を過ごされましたか?


マイペースなBlogや制作過程を いつもあたたかい心で見てくださる方々に 心より感謝を込めて。 

素材のことや詳細等は 作品ページでご覧になれます。
このネックレスの持ち主さまを ゆっくりお待ちしています。
必要な方の元へ 届きますように🌸



【百日紅の花】
作品ページ:【百日紅の花】ピンクトルマリン×百日紅/N480-1
関連Blog:【制作のこと】百日紅の花