2020/07/12 05:33



先日 名古屋でのグループ展が無事終了しました。

会期中半分程は雨でしたが そんな中でも 連日この会期の為に予定を空けてくださった方々がいらっしゃり とても有難く 幸せな日々を過ごさせていただきました。


今回 初めてお会いする方(実物をご覧になる方)が大半で HPやインスタでの作品と実物とでは また違った印象もあったようです。
一度(画像で)出逢っているのだけど もう一度出逢う(出逢い直す?)という・・(それは良い意味だそうです^^)


お客様と作品が最終的に結ばれた時の カチッとハマるような そんなフィット感のようなものを傍で感じながら...作品が生まれて旅立つまでの経緯も含めて 作品にもやはり 何か意志があるのだろうな…なんてことはよく想います。


身につけたり お好きな場所に飾ったりなど…沢山眺めて 沢山交信(笑)してくださいね☺️




ご一緒させていただいたお二人の作品たち

Purnama(プルナマ)

服/アクセサリー/雑貨


バリなどの現地で直接買い付けられた アクセサリーや小物 服たち。
パーツからアクセサリーも制作されています。
 


ワイヤーアート作品。柔らかくぷにぷにした感触。
人って丸いものに本能的に反応するのだそう。安心感を覚えるのだとか。
というのを以前本で読んだことを思い出しました。
なるほど。。近くにあるとなんとなく触りたくなってしまうのは そういう心理なのかも・・◎


Curupino(チュルッピーノ)

服/スカーフ/小物/アクセサリー


草木染でシルクの服やスカーフ等を作られています。




右側のシルク服も草木染。
画像ではわかりづらいですが 実物はラブラドライトのような輝き。


この鶏「ボブ」というらしいです。。笑
ボブは早々に飛び立ちました。完売。
彼女はマスクだけでなく マスクホルダーも。この一ひねりに プロの布作家を感じさせられました。
どさくさに紛れて私もボブを🐔❣


4日間の会期は あっという間でした。
お二人は姉妹で波長もとてもよく似ていて 私でも不思議なくらいするっと入れてしまうほどの 大きな緩やかな波の方々で。会期中 そんなにはしゃいだりはしないのですが なんだか心地良く 時が流れていったという印象です。


2020年という年とこの先に於いて 個人的にはスタートとなる会期となりました。

お越し下さった皆様 お誘いくださったお二人やギャラリー様に 心より感謝申し上げます。

そして今回来れなかった方々も また機会がありましたら是非。



週明けより HPとInstagramの方へ戻ります。
またどうぞ宜しくお願い致します。