2020/04/23 15:29






やはり...
木と向き合っている時は
幸せなのだな...と想います。(突然ですが。笑
それは ”楽しい” という感覚とは
また少し異なるのですが。

秘密を打ち明けたり
秘密を打ち明けてもらったり
心の深い部分で繋がり
一筋の光が其処へ灯されてゆくような・・
時空を越えたところで
其処にしかない真実に
出逢えているからかもしれません。

私たちが各々 時間を忘れて何かに打ち込んでいるとき
其処には何が流れているのでしょうか。



これからどんなふうになってゆくのか
木と相談しながら進めてゆきます(*^^*)




伊吹柏槇


先日 お世話になっている業者さんの投稿から
初めてこの木を知り
すぐにオーダーしました。


この木から とても良い香りがしています。
それはどのくらいかというと・・

まだ完成していない荒削りの状態で
試作の指輪をはめて寝たくらい…笑


ですが ただ香りが良いという事だけでなく
その奥に 何か引き寄せられるものがあり
その力に自分が ”動かされている” 感がある。
この木を初めて投稿で見た時から
ずっと続いているのだと思う。


次の夜もまた未完のまま。
要は 離れられない という事態。笑
其処には
自分の中心部分を掻き立てられる何か 
そして顕在化してくる無意識との出逢いが
あるのかもしれません。
こういうのを表現する適当なコトバが
今は見つかりませんが
「共振」が近いかもしれません。
相手の持っている振動によって
無意識という地層の深い部分にある扉が
揺さぶられる といった。


無意識の扉を叩くもの
またその扉を開ける鍵を持つもの
そういった作用を生み出すものは
私たちを取り囲む世界には様々にあり
そういったものとの間にあるものが
「真の出逢い」ときっと言う。

私たちはその「真の出逢い」を
各々この世界で見つけてゆくことが許されていて 
そして課題でもある。
人とは異なるもの 異なる質であろうとも。



「木」から「樹」を知る事は私の場合多く
木の内部に遺された性質と共に
「樹」であった頃の外部との関係性等が
薄っすらと記憶の様に漂っている。
時々ふっと目のまえを通り抜ける
そよ風の様な掴みどころのない中に
その秘密は隠されているのではないだろうか。



この樹について調べていたら
幾つか思う事がありました。
生きている体に直接触れて
それを確かめてみたいですね。



身動きが取り辛い状況の中でこそ 気づける事。
表裏一体でもある心 どちらの面から見るかによって
見ている奥行きはうんと変わってくる。

この時期はチャンスでもあります🍃✨


試作完成。
既に身体の一部になってる感じ・・笑

暫くこの木の性質に触れてみたいと思います。