2019/06/22 12:51

オオルリの青い羽根が頭から離れなくて そんな石はないかと探していたら 先日 偶然にもたった一つの出逢いがありました。
鳥のようなぷっくりしたフォルムに ドキドキしてしまうくらい 深い青。
一色の青い光だけれど その青の純粋さが真っ直ぐに飛び込んでくる。


初めは羽根のイメージでしたが 
炎の青や 漆黒の闇を切り裂く彗星の青にも見えます。
時には 真っ青な海に深く潜った時の 
もう戻ってはこれなくなるような少し怖い気持ちと 
全てを委ねたくなる開放感とが入り混じる あの深い青の世界などを…

青は一般的に寒色とされ冷たい印象ですが 青に温かさを感じる人も 少なくないのでは…
炎や光の色温度では 温度は低ければ赤く 高くなればなるほど青くなり 青い光は赤い光と比べ 実際温度が高い。
青い光の奥には 吹いても吹いても消えない 強い炎のような熱がある。

例えば衆生の ”暗闇” に 智慧の灯火を灯すお不動様。
真っ赤な火炎を背にしたそのご身体は 青黒(しょうこく)です。
その色は 何者にも動揺しない堅固な菩提心を示す魂の色であり 強く熱い意思が安定した波動になるとき それを光でみるなら青になるのでは。。
其処には 揺るがない正義と深い慈愛に満ちています。 

何故かホッとするような あたたかい青。
あなたはこの光に 何を感じるでしょう。




【青の記憶, 青の宇宙】シリーズより
Stone:ラブラドライト
Wood:ジリコテ