2019/04/27 00:52

春のオーダーメイド企画。
進行中のオーダーも 残りあと僅かとなりました。

お客様と作家と作品とが一つの円で繋がるオーダーメイド。
その一つ一つには個々のストーリーがあり ページを開く度に 其々の世界が甦ってくるような印象深さがあります。
今回初めてお作りするものやレアなオーダも多く 私自身 貴重な旅をさせていただきました。
今日は それらの制作のことについて。


【バングル】

デザインはお客様ご指定によるもので リング状のバングルに石を嵌め 紋章を刻印する というオーダー。

このデザインには お客様の個人的な思い入れがあるそうです。
なので デザインを忠実に再現する事が 今回のオーダーです。

細かくカットの入ったフローライトに欅材。
カット石は貴金属とのジュエリーが一般的ですが 敢えて木材に合わせることで どんな輝きや印象となるでしょうか。

石を嵌め 正面から見た時の木の向きは 木を空から見た時と同じです。
逆を言えば 木が大空に向かって生えている方向でもあります。
「木が成長する方向へ向けたい」という想いが私の中であった為  石をはめ込む部位は 必然的に木口面(輪切り面)となります。

実はこの面というのは加工が難しく 欅となると更にハードルが上がります。
刃物が全く入ってゆかない為 加工には苦戦しました。
リューターでも何度も刃が弾かれるので かなり危険です。普段使わない工具を使うきっかけともなり 此処は最も思い出深い工程となりました。

研磨直後。
猫が全然どいてくれなかった日・・笑

紋章彫刻。なんとかうまくゆきました。
木面処理を行い 石をセットしたら完成です。
そしてバングルからの展開で リングを試作。。

【小さいものシリーズ】

過去最小サイズのオーダー

石サイズ:14×10mm
革バッグへの装飾用としてのオーダー。
木面の凹みは 縫い付けの際の糸通し用です。
この後 カービングが施された革にセットされるそうです。
「革と木と石」なかなか無い組み合わせですが 凄く良い感じがしています。

石サイズ:10×8mm
「とにかく小さいもの」というオーダで 過去最小サイズの原石です。
毎日御守りの様に身につけられ 身に付けていることを忘れてしまうような 体の一部となるようなもの。
此方は既にお客様へお届け済み。家の中でも寝る時でも 肌身離さず身につけられているそうです。

【ウォレットチェーン】


革のウォレットチェーンのオーダー。
革のミサンガブレス(六結び) で革編みが楽しい今日このごろ。
此方は六つ編みの練習風景。
下のパーツと組み合わせます。


【古代エジプト・アンクのブレス】


頂いたイメージが
「エジプト」「ピラミッド」「アンク」
でしたので アンクをそのままブレスの形状へ。
アズライトという石は 魔力のあるブルー。
直感に従いたくなるような 不思議なエネルギーを秘めています。
一部がマラカイト化していて(緑の部分)ラピスラズリとも近い存在。
このブルーは 古代エジプトでも 当時の王妃クレオパトラの心をしっかりと掴んでいたようです。
時代を超えて 人の心を虜にしてきたブルー。
アンクの形状と合わさり 仕上がりがとても楽しみです。

【御守り】


男性からのオーダー。
普段アクセサリーは身に付けないのですが 石にとても惹かれてしまったので 御守りの様に持ち歩けるものにして欲しい というオーダー。
カバンの中に忍ばせて ふとした時に眺められるようなもの。石を守るようなデザイン・・
想像はどこまでカタチになるでしょうか・・✬

【ループタイ】


この石の輝きの向こうには お客様にとってとても大切な場所と美しい瞬間が繋がっています。
身につける度 石を見る度にその瞬間へとアクセスできるようなネックレス。
今回はループタイが採用されました。現在進行中です。


【❀❀】


オーダーを通して私自身が貴重な旅をさせていただいており とても有り難く想います。
私との旅が終了したら いよいよお客様との新しい 本当の旅が始まります。
それはどんな旅となるでしょうか。
そんなことを静かに思い描いたりしながら 一つ一つ丁寧に進めております。
引き続きどうぞ宜しくお願い致します✬