2018/11/18 02:06

<制作


直近のイベントまで 残り2週間となりました。
画像は 少し前の 夕方から朝にかけてのもの。
左下の大きなローマングラスは  紀元前〜紀元後の約400年に渡るローマ帝国時代 
当時のローマ人達が日常的に使っていたガラス製品の一つ。

ガラス表面が 地中の中で退化・腐食しできた溝に 地中成分が 果てしない時間の中で
化学変化を起こした銀化現象。
それは地下世界に拡がる宇宙を映すかの様に 神秘の光に包まれています。

このローマンガラスは 数年前 アフガニスタンの商人から購入したもの。
長い間ずっと この瞬間を待っていたような気がします。

まだ見ぬ宇宙の神秘や 当時の人々の生活に想いを馳せながら
制作と準備に打ち込む日々。

いつもの様に ギリギリまで制作しています。
この輝きやこれらの完成を お手元でご覧いただけますように。

<年内のスケジュール>


fugue 繭