2018/03/03 00:00


英名:アンモライト/Ammolite

産地:アメリカ/カナダロッキー山脈

七色の強い光を放つ 幻想的な生物起源の宝石「アンモライト」。


アンモライトとは

アンモナイトの化石から生成された 生物起源の宝石。

白亜紀(6500万年〜1億3500万年前)に生息していたと云われる 海洋生物アンモナイトの化石の一種。

<アンモナイト>


その果てしない時の中で 地球と宇宙のエネルギーを吸収しながら

幻想的な煌きをゆっくりと形成してゆきました。


<遊色効果を発したアンモライト>


アンモナイトそのものは 世界で1万種以上。

その中で ある特殊な条件と宝石としての価値が認められたもののみを アンモライトと呼んでいます。



歴史や石にまつわる話

アンモライトは カナダのロッキー山脈地帯で ブラックフット族(インディアン)によって発見される。

彼らは七色の煌きを放つアンモライトには 強い魔力が宿ると信じ 狩猟時には護符として身につけ また儀式にも用いていました。

しかし宝石としての歴史は浅く 市場に出回るのは1969年以降。


石のエネルギー

1990年代後半になると アンモライトは風水学的にエネルギーを持つ石として取り上げられ

「Seven Color Prosperity Stone」(7色を持つ成功・幸運の石)と命名されます。


 アンモライトの色其々に宿るエネルギー

  ・赤 = 活力・情熱・火・太陽

  ・橙 = 創造力・食欲・社交性

  ・黄 = 富・ポジティブ・ユーモア

  ・緑 = 平和・安らぎ・知性

  ・青 = 冷静・集中力・判断力

  ・藍 = 直感・第三の目

  ・紫 = 霊性・芸術感性・直感


 この7色をチャクラで表すと・・

  ・赤 = 第一チャクラ/尾てい骨

  ・橙 = 第二チャクラ/丹田

  ・黄 = 第三チャクラ/みぞおち

  ・緑 = 第四チャクラ/胸の中央

  ・青 = 第五チャクラ/喉元・鎖骨と鎖骨の間

  ・藍 = 第六チャクラ/眉間

  ・紫 = 第七チャクラ/頭頂





名称について

全世界の90%を占めるアンモライトの宝石は アメリカのコーライト社と

先住民カイナー族の協力によるもので「コーライト」と呼ばれていました。

1981年 国際貴金属宝飾品連盟により「アンモライト」と命名され 公式名となりました。